髪を効率的に乾かす方法とドライヤーをするタイミングについて

髪の毛を洗った後、ドライヤーをかける事で髪の傷みを防ぐ効果もあります。

ドライヤーをかけるないでそのまま寝てしまった場合、枕と髪の毛が擦れてしまい切れ毛や抜けがなどの原因にもなり

ダメージを与えてしまう事になってしまいます。

濡れた髪を効率良く乾かす方法は、タオルでよく絞る事がポイントです。

ほんの短時間であっても、更に水分が出てしまうので、タオルドライをしっかりとする事で乾きやすくなります。

タオルを髪に巻いたまま、少し他の事をして時間をおいてから乾かす事で、タオルが更に毛についていた水分を吸い取ってくれますので、その後にドライヤーをかける事によって乾きやすく、短時間でもしっかりと乾かせる方法です。

少しでも早く乾かしたい場合は、ペーパータオルを使った方法です。

一度タオルドライをしっかりとした後に、残った水分をペーパータオルで優しく拭き取ってあげる事で更に余分な水分を取り除ける事ができる方法です。

髪を効率良く乾かすドライヤーのタイミングは、お風呂から上がった後にすぐに乾かすのではなく、少し時間が経ってからタイミング良くドライヤーをかける事によって、全体に水分が残っている状態よりも少し時間をおいておく事によって、水分が飛んで半乾きの状態でドライヤーをかけると短時間で効率良く乾かす事ができる方法です。

ドライヤーをかける前に、しっかりとタオルドライをする事が効率良く乾かす事ができるポイントで、時間の短縮ができて節電にもなります。

お風呂から出た後は、しっかりとタオルで髪を包み込むようにしておく事で、タオルに余分な水分を吸収する事ができるため、早く乾かすことが出来ます。

ドライヤーをかけるタイミングを知ることで、髪にダメージを与えることなく時間をかけずにしっかりと効率良く乾かすことができ、節電にもなる方法です。

効率が良い方法をして知っておくと、毎日のヘアケアも時間をかけることなく行える方法です。

This entry was posted in 髪のケア. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: If you are replying to another commenter, click the "Reply to {NAME} ↵" button under their comment!